長良川下流53PickUp!
バスアングラーによる長良川下流域を中心としたゴミ拾い告知用ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
根掛かり対策1
昨日は久しぶりに春を感じる一日でしたが、みなさん釣りに行ってますか~?

ところで、みなさんは普段根掛かりしますか?しない人はまずいないと思います。
そこで、私の根掛かり対策をチョットだけご紹介したいと思います。

必需品と言ったらまずリトリーバーです。私が多用するのは、自作(友人につくり方を教えてもらいました)のラセンヘッドをタモ竿に取り付けたもの・・・
リトリーバ1

<つくり方>
①材料
    ☆タモ竿
        ボートからなら4.5mが扱いやすいけど、おかっぱり併用なら6.3mが大活躍。固着すると
      竿ごと交換しなければならないので安物でOK。
    ☆ネジ
        ホームセンターでW1/2サイズのネジを購入(できれば30mmぐらいの短め)
    ☆オイルなどのペール缶の取っ手の針金
        手に入らなければGSや自動車修理工場でもらう
    ☆ハンダ
②工具
    ☆ドリル&ドリル歯(4mm、4.5mm、5mm)
    ☆ハンダゴテ
    ☆直径50mmぐらいの硬い円筒物
③つくり方
    ☆W1/2ネジのセンターにドリルで4mmの穴を開ける。
    ☆ネジの下側の穴の入り口を少し広げるため、4.5mmと5mmの歯で穴の深さの1/2程度まで穴を広げる。
    ☆さらに、4.5mmの歯で入り口付近を横に広げる為、左右に歯を動かす。これは、後に針金を差し込んだときに、抜け止めに折り返した部分を収める為。
    ☆針金は、折り返す寸法などを見越して寸法を決め、硬い円筒物でラセン形状を作成。
    ☆針金をネジに差込み、抜け止めに2センチほど折り返す。
    ☆折り返し部分をネジに収めて、ハンダ付け。ハンダが隙間なく行き渡るようにネジを十分に暖めることが大事。トーチがあると便利。
    ☆錆止めに、好きな色に塗装をして、乾いたらタモ竿に取り付けて完成。
④注意
    ☆ネジの固着を防ぐため、釣行後は必ずタモ竿から取り外してください。
    ☆タモ竿には大きな力がかかり、使用後縮まなくなる場合がありますのであらかじめご了承下さい。
リトリーバ2



って、長すぎ?ブログってシンプルが人気だそうで・・・めったに書かないので許して。

次回は、根掛かり対策2としてバーブレスのススメを予定しています。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。